クレジットカードの審査に通るために工夫すべき方法

審査を受けて、金融会社から信用能力があると認められなければ、クレジットカードは発行されません。具体的にどんな項目を審査で評価するかは、各金融機関ごとに異なっており、確実な成功方法は存在しません。しかし、クレジットカードの審査に通りやすいように工夫をすることは可能です。もしもクレジットカードの審査を受けるならば、提出書類に不備がないように心がけ、書き込みもしっかりするようにしてください。金融機関では、できるだけ審査に用いることができる情報量が多くなっているほうが、評価はより詳細にできるためです。また、クレジットカードの申し込み時に書く書類の内容には、差し障りのない範囲で少し多めに書くこともテクニックの一つです。現実の内容と食い違いがありすぎるとよくないですが、ほんのちょっとの差くらいならば、やってみてもいいようです。年収280万円だったら、300万円という書き方をするとか、4年8カ月の勤続年数を5年と書くといったやり方です。その結果として、クレジットカードの審査に通りやすい状況を生み出すことが可能となります。クレジットカードの審査を受ける時には、後々でトラブルにならない範囲でなら、有利な書き方をするのも悪くないでしょう。とはいえ、実際の数字と全く違う内容を記載すると、審査ではよくない結果になりかねませんので要注意です。銀行系のクレジットカードを申し込むというような場合は、給与引き落としに使っている銀行に申し込むと、審査はうまくいきやすいようです。

学生の場合のクレジットカードの審査について

もしも学生がクレジットカードを発行してもらおうとすると、金融会社はどういった内容で審査をするのでしょうか。クレジットカードの申し込み者が社会人であれば、勤務先の会社名や、勤続年数、年間の収入などを、審査ではチェックします。金融会社としては、貸したお金を確実に返済してくれる顧客にだけ融資をしたいわけですから、審査の段階できちんと調べるのは、当たり前のことです。学生がクレジットカードの審査を受ける時には、審査内容は何でしょうか。アルバイト収入を調べたり、学業成績を確認するのでしょうか。クレジットカードの審査の対象は、実は社会人の場合とは大きく異なるようです。学生の場合、本人のバイトでの収入額や留年の有無などは全く関係ありません。学生用のクレジットカードの場合、保護者が審査の対象になります。その場合でも、審査のハードルはそれほど高くありません。学生が使うクレジットカードは、月々の使用限度額が10万円から20万円くらいで、一般の社会人用のクレジットカードより定額です。クレジットカードが、学生カードをつくっているのは、戦略の一環です。まだ学生のころからクレジットカードを所有していてもらえば、働き初めてからもそのクレジットカードの顧客でいる人が少なくありません。社会人になって、学生時代に使っていたのとは別のブランドをメインカードとする人は決して多くはないでしょう。その意味では、多少審査の条件を低くしても、早いうちから顧客として囲い込みたいというカード会社の考え方があると言えるでしょう。